メイク落としをしっかりとやった方がいい?

日頃か美容への意識の高い人ほど、当たり前ですが重要になってくるのがクレンジングです。

 

しっかりとメイクをしてきれいになっているからこそ、ちゃんと落とさないと一番大事な素肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

 

しかし、ちゃんとメイクを落とさなきゃいけないという意識が強いほど、よく落ちるクレンジングを選びがちなんですが、ちょっと待ってください。

 

特に、短時間で落とせるので手間がかからずに使いやすいと思っている方は要注意です。

 

簡単に落とせるということは洗浄力が強いということで、本来肌にとって必要な油分などまで落としてしまっている可能性があるのです。

 

もちろん、目元などに濃い目のメイクをしたときに部分的にオイルクレンジングなどを使用するのはいいと思いますが、落ちやすいからと言って盲目的に顔全体に使い続けることがよくないのです。

 

このような安易な行動が乾燥肌や敏感肌を引き起こす原因になってしまうのです。

間違ったケアが乾燥肌の原因になる

冬場に限らず一年中乾燥肌に悩んでいる女性はとても多いですが、乾燥肌ってどんな状態かご存知ですか?

 

もちろん肌の水分が少なくなっている状態なんですが、ただ水分が減ったのではなくて、水分を蓄えておく能力が無くなった状態なんです。

 

肌は細胞を積み重ねることによって作られていますが、当然細胞間にはごく小さな隙間ができてしまいます。

 

その隙間をうるおい成分によって埋めることによって、肌の内側にある水分を保ってくれているわけです。

 

肌の水分を保持するうるおい成分は、健康な肌の方であれば十分に存在しているため、肌が乾燥するようなことはそうそうありません。

 

しかし、間違ったケアなどをしていると必要以上にうるおい成分が取り除かれてしまうため、乾燥しやすい肌になってしまうのです。

 

特に洗顔やメイク落としの時の洗い方に問題のある方が多く、擦りすぎや洗浄力の強いものを使いすぎたために、乾燥してしまうのです。

刺激の少ないクレンジングを選ぼう

以上のように、メイク落としてでは必要以上に洗いすぎないことが大事なのですが、肌に負担をかけないメイク落としをするためにはどんなことに気を付ければよいでしょうか?

 

私が一番重要だと思っているのはクレンジングの選び方です。

 

さきほど肌への負荷を減らすには摩擦を減らすことと、洗浄力の強すぎるコスメの使用を避けることだといいました。

 

これをクレンジングに当てはめてみると、ジェルタイプでW洗顔不要のものを選ぶのが乾燥しやすい肌の方にとってはぴったりなのです。(詳細はコチラ 角栓を作らないためのクレンジング

 

クレンジングにはいろいろな種類があってよく落ちるものを選んでしまいがちですが、オイルやクリームなど数あるタイプの中でもジェルタイプは洗浄力がちょうど中間ぐらいでどんな方にも使いやすいことと、ジェル自体が固いので、多少力を入れすぎてもジェルが手と顔の間でクッションの役割をして刺激を緩和してくれるのです。

 

このように日ごろ何となく選んでいるメイク落としの種類などを今一度見直してみることで、お肌の悩みが解決することもあるのです。

 

まずは自分の肌の特徴をしっかりと理解して、自分の肌に合ったコスメを年齢や季節に合わせてうまく取り入れていくことが大切なのです。

更新履歴