クレンジングで毛穴の角栓ができにくい肌を作ることが大事

MENU

毛穴の汚れをきれいにしたい

毛穴

毛穴の黒ずみや角栓は自分で見ていてもすごく不快なものなので、できるだけ除去したいと誰もが思っているでしょう。

 

しかし、どういうわけかクレンジングによって毛穴の汚れをすっぽりと落とせると思っていたり、角栓を溶かしだすことができると思っている方がいるようです。

 

もしもそのようなことができたとして一時的にきれいになったとしても、根本的な解決をしなければ時間の経過とともに角栓が成長してまた毛穴を詰まらせてしまいます。

 

そのため、毛穴をただきれいにすることばかりを考えるのではなく、角栓などができにくい肌をつくることがとても大切なのです。

 

そこで、どうして角栓ができるのか、角栓をとるのではなくつくらないようにするためにはどのようにするべきなのかをしっかりと学んでいきましょう。


クレンジングは洗浄力の強すぎないものがいい

メイク落とし

毛穴のが汚いという方に限って、オイルクレンジングのような洗浄力の強いものを使っている傾向があります。

 

確かにオイルクレンジングなどでゴシゴシと擦ることによって古くなった角質を多少オフできるのかもしれません。

 

しかし、角質には肌の水分を保持する役割やバリアとしての働きがあるため、取り除きすぎてしまうと肌が自分を守ろうとしてより角質を厚くしようとするのです。

 

そのため、洗いすぎるとより毛穴が詰まりやすくなったり、角質が厚みを増していつまでも再生せずに残り続けるために、乾燥やくすみなどを招くのです。

 

意外と知らない方が多いのですが、このような間違ったケアが原因で角栓のできやすい肌になったり乾燥しやすい肌になってしまうのです。

 

このような悪循環を断ち切るためにも、クレンジングは洗浄力が強すぎないものがいいのです。

 

また、メイク落とし後の洗顔についても、乾燥肌や敏感肌がひどい時にはできるだけ刺激しないためにも、ダブル洗顔不要のクレンジングの使用をおすすめします。

 

 >クレンジング後の洗顔は必要?W洗顔が必要な肌とそうでない肌


うるおいを保持すること

化粧水

クレンジング選びが角栓のできやすいさを助長してしまうことがあるのは分かったと思いますが、もしも今まで知らずに強力な洗浄力のあるものでメイクを落としてきたという方はどうしたらいいでしょうか?

 

基本的にはとにかく保湿をしっかりとすることです。

 

ただし、単純に化粧水をたくさん塗ればいいということではなくて、肌の水分が外に逃げないようにするためにもセラミドを配合したコスメを使いましょう。

 

肌の水分というのは角質層にあるセラミドによって外に漏れないようにできています。

 

しかし、オイルクレンジングなどによってセラミドが流出してしまうと、内部の水分が漏れて乾燥しやすい肌になってしまうのです。

 

こうなると、さきほども触れたように皮膚は水分を保持するために角質を厚くしようとして角栓ができやすい環境を作ってしまうので、しっかりとセラミドを補給して水分を逃さないようにしてあげるに必要があるのです。